投資家の皆様へ

東洋炭素のご紹介

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社および当企業グループは、株主、顧客、従業員、社会等のステークホルダーからの負託に応え、その持続的な成長と中長期的な企業価値向上を実現するため、以下の経営理念・経営方針を基本理念とし、経営の監督と業務執行のバランスを取りつつ、透明・公平かつ迅速・果断な意思決定を行うことを目的として、コーポレート・ガバナンスの仕組みを構築しております。

<経営理念>
当社および当企業グループは「東洋炭素グループは、C(カーボン)の可能性を追求し世界に貢献する。」を経営理念とし、事業活動を通じた社会貢献を目指す。

<経営方針>

  • お客様の満足度向上を最優先のテーマとし、最高水準の品質、納期、コスト、サービスを目指し、企業活動に取り組む。
  • Cの技術を通して、株主・社会から高く信頼され継続的に成長する未来型企業グループを目指す。
  • 社員の自立性・創造性を尊重し、全員が目標を持ち、働き甲斐があり、公正な評価をされる職場環境を築く。
  • 法令及び社会規範遵守を基本に、社会的秩序を守り、誠実で公正な企業活動を通じて社会に貢献する。
  • 人と炭素と自然との共存・調和を目指し、地球環境保全に貢献する企業活動を行う。

当企業グループは、上述の基本理念を遵守し、コーポレート・ガバナンスを強化するため、以下の取り組みを行っております。


当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図は以下のとおりであります。

【コーポレート・ガバナンス体制の概要図】



グローバルマネジメント・ガバナンス

東洋炭素グループは、国内はもとより、北米・欧州・アジアにおける全16拠点のマネジメント・ガバナンスを本社管掌にて一元管理することにより、強固な管理体制を構築しております。

子会社管理体制の強化

  • 子会社管理管轄部署を本社に設置し、人事・法務・経理・環境・品質・購買等あらゆる面から子会社の管理を行っています。

子会社管理基準に基づくマネジメントの実施

  • グローバル共通管理基準(マネジメントブック)に則り、子会社マネジメントの標準化を図っています。

啓発活動

従業員の行動指針を示した冊子「行動基準」と遵守すべき法令や規程を解説した「コンプライアンス・ガイドブック」を全従業員に配布し、コンプライアンスに関する理解を深めるとともに、全ての組織への意識浸透を図るため、部門毎にコンプライアンス推進リーダーを選任し啓発を行っています。これらの取組は、国内外の関係会社にも展開し、グループ全体での意識統一を推進しています。

また、新入社員や中途入社者等も含む全ての従業員を対象とした集合研修や、役員・管理職向けの階層別研修等を定期的に行っています。これらに加え輸出管理、情報セキュリティ、メンタルヘルス、タイムマネジメント、リーダーシップ等の個別の課題に関する研修を実施するなど様々な啓発活動を行っています。


内部通報制度

コンプライアンス違反や企業倫理上問題のある行為に対する相談の受付窓口として「ヘルプライン」を設置し、幅広い相談が寄せられるよう社内と社外の2つの窓口を設けています。寄せられた相談については、調査・検討の上適切な対応を行い、その結果は相談者本人に対しフィードバックしています。

EAP(従業員支援プログラム)とは、心の悩みや私生活でのトラブル等の様々な悩みに対応するため、プロのカウンセラーに無料で相談することのできる制度です。