【会社情報】黒鉛シート工場を増築、竣工式を開催

2018年07月19日

東洋炭素株式会社は、詫間事業所内の黒鉛シート(PERMA-FOIL®)工場の増築工事完了にともない、 6月29日に竣工式を執り行いました。
半導体の製造工程、電気自動車(EV)向けの保護材などの分野で高まる需要に応え、黒鉛シート製品の生産能力を増強し、約2割の増産を図るとともに、自動化を進め生産効率向上や従業員の負担軽減につなげます。
今後、当社は、お客様のニーズに応じた生産能力の増強、販売体制の強化といった成長戦略を実行することにより、黒鉛シート(PERMA-FOIL®)をはじめとする高機能材料事業の拡大を目指します。


img.pf.ceremony.completion.jpg

竣工式の様子


img.pf.new.bldg.jpg

新工場外観


img.pf.180719.jpg

黒鉛シートPERMA-FOIL®製品例


【工場増築の背景】

黒鉛シートPERMA-FOIL®はこれまで自動車部品のシール材、半導体製造工程の部材として採用されていましたが、電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池の発火を防ぐ保護材など、今後用途の広がりも見込めることから増築を決定しました。既存工場の隣に新たに建屋(延べ床面積約1100平方メートル)を建設し、大型ライン1本を導入、少量多品種の生産に対応している既存ラインは、今後試作用に転用するなど、開発から製品化までのスピードアップを目指します。

【関連リンク】

黒鉛シート(PERMA-FOIL®) について