採用情報

採用情報

採用情報トピックス

2021年4月28日
正規雇用労働者の中途採用比率を公表しました。
2021年3月1日
2022年新卒採用の求人情報を公開しました。
2020年10月2日
2022年新卒採用のエントリー受付を開始しました。
2020年3月10日
2021年新卒採用のエントリー受付は実施しておりません。
2019年9月2日
2020年新卒採用エントリーの受付を終了しました。多数のご応募ありがとうございました。
2019年3月1日
2020年新卒採用のエントリー受付を開始しました。
2018年9月3日
2019年新卒採用エントリーの受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。
2018年7月20日
中途採用情報を更新しました。 皆様からの多数のご応募をお待ちしております。

新卒採用情報

2022年新卒採用のエントリー受付を開始しました。

マイナビ2022

中途採用情報

現在募集中の中途採用はありません。

正規雇用労働者の中途採用比率を公表しました

img.data.carrer.2021.4.jpg


採用担当者からのメッセージ

1947年の会社設立以来70年近く、当社が成長し続けているのは、現状に甘んじることなく、前向きな姿勢で挑戦し続けた結果です。こうした社風を大切にし、お客様に喜ばれる高い品質、新しい製品の開発や新たな分野への用途開発を行ってきました。

【 東洋炭素が求める人物像 】
1.ゼロベースで思考する
2.挑戦を恐れない
3.成果を出すまであきらめない

東洋炭素はこれら3つの求める人物像を重要視し、C(カーボン)の無限の可能性を捉えて、長年培ってきた分野に安住することなく未来の可能性に挑戦していきます。自分が携わっている仕事を楽しみながら、会社とともに自分自身も成長できる、そんな人との出会いを期待しています。




ワーク・ライフ・バランス(WLB)の推進

基本方針

「男女ともにやりがいをもって働き続けられる職場環境をつくり、全社員と会社が一緒に成長出来ること」を目指します。

 

推進体制

これまで当社は、両立制度の充実や意識改革、働き方の見直しなどに積極的に取り組んで参りました。両立環境が整備され、ワーク・ライフ・バランスが浸透してきた今、さらに実情に応じた包括的な観点で、会社と社員、双方の成長を促していくため、現在は人事部にてさらなる「仕事と生活の調和」を目指した取り組みを進めております。

 

取り組み紹介

img.kurumin2021.jpg 【育児支援】
・育児と仕事の両立支援状況
育児を支援するための各種制度を設けています。 また、会社の支援体制について社員の理解を深めるための啓発活動を実施するなど、育児と仕事を両立しやすい職場環境の醸成に努めており、父親も育児に参画しやすい環境づくりを推進しています。出産者全員(パート社員も含む)が育児休業を取得し、復職率は100%をキープしており、近年では男性の育児休業取得者も少しずつ増えるなど、安心して働き続けられる職場環境が整備されています。
・次世代認定マーク「くるみん」を取得
「次世代育成支援対策推進法(※1)」に基づく「一般事業主行動計画(※2)」を策定し、各種施策に取り組んでいます。
これまでの取組と実績が評価され、2014年・2017年・2021年と三度に渡り厚生労働省大阪労働局より「基準適合一般事業主」の認定を受け、認定マーク「くるみん(3つ星)」を取得しました。
・次世代育成支援対策推進法 「一般事業主行動計画」
当社が掲げる「一般事業主行動計画」は以下の通りです。 この計画に沿って、社員が仕事と子育てを両立させることができ、全ての社員が働きやすい環境をつくることによって、その能力を十分に発揮できる環境づくりを目指します。
img.wlb2.png
(※1)次世代育成支援対策推進法
急速な少子化の進行等を踏まえ、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ、育成される環境の整備を図るために定められた国の法律
(※2)一般事業主行動計画
労働者101人以上の企業は、「社員が仕事と子育ての両立を図るため」の目標等を[行動計画]として定め、労働局に届け出るとともに、社内外への公表が義務付けられている

【『仕事と生活の両立』と『柔軟で効率的な働き方を実現』するための各種制度紹介】
※法定水準以上の制度をご紹介しています。

育児短時間勤務制度 子が小学校4年生の始期に達するまでの必要な期間、1日の労働時間を最短で6時間までに短縮することが可能です。
短時間正社員制度 入社1年以上のフルタイム勤務の正社員で、育児や介護など個人の事情により、フルタイム勤務が困難な場合や、効率化等によって業務時間の短縮を図り、創出された時間で自己啓発等の取組を希望する場合、認められれば1年の期間(更新可)、フルタイム正社員から短時間正社員(1日4時間以上8時間未満)に転換することが可能です。※育児や介護事由で1日8時間未満の勤務を希望する場合、育児・介護休業法で定められた短時間勤務と短時間正社員という二つの制度から、それぞれの条件や事情に合った働き方を選択することが可能です。
フレックスタイム制度 業務効率の向上を主な目的に、組織単位でフレックスタイムを導入し、業務の繁閑に応じた効率的な働き方を推進しています。育児や介護などの事由でも、認められればフレックスタイムの利用が可能です。
テレワーク制度 育児や介護、妊娠中を含む身体等の事情により通勤が困難な従業員や、ホームオフィスでの勤務により業務の生産性向上が見込める場合において、テレワークの利用が可能です。
有休積立制度 時効により失効する有給休暇を積立・保有し、条件を満たせば、「本人の私傷病」「育児休業」「介護休業」「子の看護休暇」「家族の看護休業」「介護休暇」「妊娠中の体調不良・定期検診」「配偶者出産時の休暇」等に利用することが可能です。
時間単位の年次有給休暇取得制度 年次有給休暇を1時間単位で取得することが可能です。(年間最大5日分まで)



【女性の活躍推進】
評価や昇格などにおいて、性差無い対応で男女ともに働きがいのある職場環境づくりを推進しており、女性管理職も年々増加しています。
・女性活躍推進法(※3) 「一般事業主行動計画(※4)」
当社が掲げる「一般事業主行動計画」は以下の通りです。
この計画に沿って、全社的に適所適材で、さらに女性も活躍していける雇用環境づくりを目指します。
img.wlb3.png
(※3)女性活躍推進法
  女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定された国の法律 (※4)一般事業主行動計画
労働者101人以上の企業は、女性の活躍推進に向けた目標等を[一般事業主行動計画]として定め、労働局に届け出るとともに、社内外への公表が義務付けられている。

【「工場見学会」の開催】
社員の家族に会社を知ってもらう事で会社と社員の信頼関係を深めるとともに、参加される子供達に対しては社会勉強の一環となるよう、様々な企画を取り入れた「家族の工場見学会」を開催しています。
img.factour.jpg


採用情報に関する問合せ先

〒555-0011 大阪市西淀川区竹島5-7-12
TEL:06-6472-5819 FAX:06-6472-6007
電子メール : saiyo@toyotanso.co.jp(人事部)
個人情報の取扱いについてご確認下さい。

寄せられた質問と回答