投資家の皆様へ

IRポリシーと免責事項

IRポリシー】  【免責事項


IR関連

 東洋炭素株式会社(以下、「当社」)は、投資家や株主の皆様へ、「透明性」、「公平性」、「継続性」のある情報開示をおこなうため、以下の各項目の通りIRポリシーを定め、その基本方針に基づきIR活動を推進してまいります。

IR活動の目的と基本姿勢

 当社は、株主や投資家の方々に、当社についての理解をより一層深めて頂くことを目的としてIR(Investor Relations)活動を行って参ります。また、取り扱う業績結果、財務内容、経営戦略等につきましては迅速、正確かつ公平に開示することを基本姿勢としております。

情報の開示について

 当社は、株主、投資家を含む当社のあらゆるステークホルダー(利害関係者)に対し、正確でわかりやすい企業情報を、公平かつ迅速に発信することに努めます。一部の特定の方に対し、特定の情報を開示することはいたしません。開示方法は金融商品取引法及び証券取引所の定める規則を遵守するとともに、当社ホームページにも適宜掲載し、より広範かつ公平な情報開示に努めてまいります。

将来の見通しについて

 当社が開示する情報の中には、将来の見通しに関する事項が含まれている場合があります。予想数値につきましては、開示時点で入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、多分に不確定な要素を含んでいますので、実際の業績は、業況の変化などにより異なる場合があります。したがいまして、当社の業績、企業価値をご検討する際には、これらの見通しだけに全面的に依拠することはお控えいただくよう、お願いいたします。

株価情報について

 当社のウェブサイトで公開している株価情報は、当社が自ら提供する情報ではなくYahoo!JAPANの株価情報提供のウェブサイトへリンクするものであり、その内容を保証するものではありません。

IR自粛期間について

 決算発表資料の準備期間に株価に影響を与える情報が漏れることを防ぐため、当社は、決算発表日から逆算して3週間前より「IR自粛期間(クワイエットピリオド)」とし、IR活動を自粛しています。
  この期間中は、業績の見込み・実績・計画や決算内容に関してコメントすることや質問にお答えすることを控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
  ただし、沈黙期間中に判明した業績予想と、すでに発表した予想が大きく乖離する場合には、適時開示規則にしたがいTDnet、プレスリリース、当サイトにより業績予想修正として情報開示を行うことにしています。

(制定日:2006年3月29日)

免責事項

当社は、当ウェブサイトを利用したことにより、利用者の皆様に生じたいかなる損害についても責任を負いません。利用されるにあたりましては、以下の点を十分にご理解いただいた上でご利用ください。

  1. 当ウェブサイトに記載されている情報には、東洋炭素株式会社およびグループ企業の業績に関する将来の予測値が含まれます。これらの記載は将来の業績を保証するものではありません。様々なリスクや不確実性により予測値とは異なる結果となる可能性があることをご承知ください。
  2. 当ウェブサイトへの情報掲載には細心の注意を払っております。しかし、掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によるデータの改ざん、データのダウンロードなどによって生じた障害などに関しまして、当社は一切責任を負うものではないことをご承知ください。
  3. 当ウェブサイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身で判断いただくようにお願いいたします。
  4. 当ウェブサイトからリンクが設定されている他のウェブサイトの情報について、当社は、いかなる保証をするものではないことをご承知ください。
  5. 当ウェブサイトの内容は、予告なく変更・掲載を中止することがありますのでご承知ください。

IRに関する問合せ先

〒555-0011 大阪市西淀川区竹島5-7-12
TEL:06-6472-5811 FAX:06-6472-6007
電子メール : info@toyotanso.co.jp
個人情報の取扱いについてご確認下さい。

寄せられた質問と回答