投資家の皆様へ

IRポリシーと免責事項

ディスクロージャーポリシー】  【免責事項


ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

東洋炭素は、ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話を通じ、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指しています。そのため、業績・財務・経営戦略、その他当社をご理解いただく上で有益と判断する情報を迅速かつ公平に開示するなど、「透明性」「公平性」「適時性」「継続性」を重視した情報開示を行ってまいります。

2.情報開示の基準

会社法、金融商品取引法等の関係法令および当社が株式上場している証券取引所が定める適時開示規則に則り、情報開示を行います。 また、関係法令および適時開示規則に該当しない情報についても、当社をご理解いただく上で有益と判断する情報については、公平性と適時性を鑑みた上で、積極的に開示を行います。
情報開示にあたっては、IR担当部長が総括管理責任者としての職責を負い、関係法令、適時開示規則および社内規則に基づき、開示の必要性について関連部門と協議の上、開示の判断を行います。

3.情報開示の方法

関係法令および適時開示規則に該当する情報については、金融庁の提供する「EDINET」、または証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム「TDnet」などを通じて開示いたします。また、当社ウェブサイトにもこれらの情報を掲載するとともに、当社をご理解いただく上で有益と判断する情報についても、公平性と適時性に配慮した上で、当社ウェブサイトに公開いたします。

4.将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、将来の見通しに関する事項が含まれている場合があります。これらの情報は、開示時点で入手可能な情報に基づき当社の経営陣が判断した見通しであり、経済情勢や市場動向などの様々な要因に係るリスクや不確実な要素を含んでいますので、実際の業績は、見通しと異なる可能性があります。

5.沈黙期間

当社は、決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、業績に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。ただし、沈黙期間中に適時開示規則に基づいて開示が必要な事実が発生した場合は、速やかに情報開示を行います。

6. 第三者による業績予測等について

第三者による当社に関するいかなる意見や推奨、業績予想に対して、原則としてコメントはしません。

7.インサイダー取引の未然防止と公平な情報開示

インサイダー取引の未然防止と公平な情報開示のため、未公表の重要事実などの内部情報等については、社内規程に則り適切な管理を行います。また、適時開示規則に該当する情報や、投資判断に影響を与えると当社が判断した重要な会社情報については、証券取引所のウェブサイトにて公開された後、速やかに当社ウェブサイトにも当該情報を掲載いたします。

(2019年5月改訂 )

免責事項

当社は、当ウェブサイトを利用したことにより、利用者の皆様に生じたいかなる損害についても責任を負いません。利用されるにあたりましては、以下の点を十分にご理解いただいた上でご利用ください。

  1. 当ウェブサイトに記載されている情報には、東洋炭素株式会社およびグループ企業の業績に関する将来の予測値が含まれます。これらの記載は将来の業績を保証するものではありません。様々なリスクや不確実性により予測値とは異なる結果となる可能性があることをご承知ください。
  2. 当ウェブサイトへの情報掲載には細心の注意を払っております。しかし、掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によるデータの改ざん、データのダウンロードなどによって生じた障害などに関しまして、当社は一切責任を負うものではないことをご承知ください。
  3. 当ウェブサイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身で判断いただくようにお願いいたします。
  4. 当ウェブサイトからリンクが設定されている他のウェブサイトの情報について、当社は、いかなる保証をするものではないことをご承知ください。
  5. 当ウェブサイトの内容は、予告なく変更・掲載を中止することがありますのでご承知ください。