機械用カーボン製品

炭素材料のもつ自己潤滑性、耐薬品性、耐熱性の特徴を活かし、金属材料では使用することができない高温雰囲気、薬液中や潤滑剤が使用できない分野の摺動材料として使用されています。当社製品KCシリーズ、TUGシリーズ、IGシリーズは、幅広い産業分野にて使用され好評を博しています。

機械用カーボン製品写真

製品概要

alt="カタログダウンロード" 製品問い合わせ

機械用カーボンの特長

カーボンしゅう動材は、自己潤滑性耐熱性耐化学薬品性に優れているため、一般の金属しゅう動材では使用できない高温雰囲気、液中および潤滑剤を嫌う分野に多く使用されています。 当社製品のIG, KCおよびTUGシリーズは、永年にわたるしゅう動材分野での技術力と開発力を結集し、さまざまなご要望にもお応えすることができます。

自己潤滑性に優れています

カーボンは、層状結晶構造により、自己潤滑性があるため、高温雰囲気、液中および潤滑剤を嫌う分野に適しています。 特に、無潤滑状態では他材質に比べて摩擦係数が低く、凝着が起こりにくい性質があります。

耐熱性に優れています

熱による機械的強度やしゅう動特性の変化がほとんどありません

耐化学薬品性に優れています

一部の無機薬品(強酸化性物質)を除いて、化学的に侵されにくい性質があり、耐化学薬品性に優れています。

耐熱衝撃性に優れています

金属材料に比べて熱線膨張率が小さく、熱伝導性が良いため、急激な温度変化でも割れる事はほとんどありません。

軽量化設計に役立ちます

金属材料に比べてかさ密度が小さいため、機械の軽量化、しゅう動音の低下に役立ちます。

銅面との動摩擦係数比較グラフ 線熱膨張率比較グラフ かさ密度比較グラフ