会社情報

会社沿革

東洋炭素の歩み

1941年
2月 :
「近藤カーボン工業所」を創設 カーボンブラシの製造を開始
1947年
7月 :
「近藤カーボン工業株式会社」を設立 資本金198,000円
1949年
11月 :
「東洋炭素株式会社」に社名変更 資本金1,000,000円
1957年
10月 :
「大阪営業所」開設
1960年
10月 :
「東京営業所」開設
1961年
2月 :
「四国工場」新設
1974年
3月 :
「大野原工場」新設
1980年
4月 :
「資本金6,500万円」に増資
5月 :
四国工場を分離し、「東炭化工株式会社」とする
1981年
8月 :
「萩原工場」新設
1985年
12月 :
「詫間工場」新設
1987年
4月 :
「TTA,INC」設立(アメリカ)
1988年
8月 :
「GRAPHITES TECHNOLOGIE et INDUSTRIE S.A.」設立(フランス)
1991年
4月 :
「GRAPHITE TECHNOLOGY APPLICATIONS S.R.L.」設立(イタリア)
5月 :
「GTD GRAPHIT TECHNOLOGIE GmbH」設立(ドイツ)
11月 :
「Seiko Tanso Co., Ltd.」の株式を取得(台湾)
「TOYO TANSO USA,INC」設立(アメリカ)
1994年
3月 :
大野原工場を「大野原技術開発センター」に改組
8月 :
「上海東洋炭素有限公司」設立(中国)
1995年
2月 :
詫間工場を「詫間事業所」に改組
1996年
1月 :
詫間事業所がISO-9002:1994(SGS)を認証取得
5月 :
資本金を480,008,800円に増資
1997年
1月 :
「ROGNONI S.p.A.」の全株式を取得(イタリア)
「TOYO TANSO EUROPE S.p.A」に社名変更(イタリア)
5月 :
資本金を1,090,560,448円に増資
1998年
2月 :
近藤興産と合併、資本金を1,090,075,648円とする
1999年
4月 :
「いわき工場」新設
9月 :
「大和田カーボン工業株式会社」の全株式を取得
2000年
4月 :
「上海永信東洋炭素有限公司」設立(中国)
2003年
9月 :
「上海東洋炭素工業有限公司」設立(中国)
10月 :
詫間事業所、大野原技術開発センター、いわき工場がISO-9001:2000(SGS)を認証取得
2004年
5月 :
萩原工場がISO-9001:2000(SGS)を認証取得
2005年
4月 :
「嘉祥東洋炭素有限公司」設立(中国)
2006年
3月 :
東京証券取引所市場第一部に株式を上場
資本金を4,490,075,648円に増資
4月 :
資本金を5,000,075,648円に増資
9月 :
「TOYO TANSO KOREA CO.,LTD.」設立(韓国)
2007年
3月 :
資本金を7,154,075,648円に増資
4月 :
資本金を7,692,575,648円に増資
12月 :
本社を大阪市北区梅田に移転
旧本社を「近藤照久記念東洋炭素総合開発センター」に改組
大野原技術開発センターを「東洋炭素生産技術センター」に改組
2008年
3月 :
「TOYO TANSO (THAILAND) CO., LTD.」設立(タイ)
2010年
8月 :
「TOYO TANSO SINGAPORE PTE. LTD.」設立(シンガポール)
2011年
3月 :
「TOYO TANSO INDIA PRIVATE LIMITED」設立(インド)
2013年
4月 :
「TOYO TANSO GRAFIT VE KARBON URUNLERI SAN. VE TIC. A.S. (TOYO TANSO GRAPHITE AND CARBON PRODUCTS INDUSTRY AND COMMERCIAL A.S)」設立(トルコ)
11月 :
本社を大阪市西淀川区竹島に移転
2014年
9月 :
「東洋炭素(浙江)有限公司」設立(中国)
2015年
5月 :
「PT. TOYO TANSO INDONESIA」設立(インドネシア)
12月 :
「TOYO TANSO MEXICO S.A. DE C.V.」設立(メキシコ)