投資家の皆様へ

中期経営計画

2018~2022年における中期経営計画「TVC 2022」の達成に向けた取り組みをグループ一丸となり進めております。

位置づけ

中長期的に目指す姿

成長の柱の構築と収益基盤の強化
安定したポートフォリオの確立
グローバル企業への飛躍

重点的取り組み

経営基盤の構築

地域・市場・用途・製品・顧客などの各セグメントにおいて特定のターゲットに依存することなく、バランスのとれたポートフォリオを中長期的に構築。

生産技術の強化・革新

生産設備の自動化・AI導入・老朽化設備の更新・加工技術の向上・人材育成などハード/ソフト両面からのアプローチで着実なレベルアップを図る。

海外展開の強化

アプリケーションエンジニアによる設計から技術までのトータルサポートで他社との差別化を図るとともに、海外子会社における生産技術向上・能力アップにより高付加価値製品の生産能力増強および販売強化を推進。

数値目標(2022年)

売上高 営業利益 ROE
500億円 80億円 8%以上

数値目標のドライバーは主力の既存事業。
さらに+αの伸び代として、カーボン関連事業・技術にフォーカスしたアライアンス・M&Aも模索中。

設備投資計画(2018~2022年累計)

300億円規模(既存×自前のドメインが中心)

株主還元

継続的な利益成長を背景に、利益還元と成長に向けた設備投資のバランスを取りつつ、安定的な増配を実施。