サステナビリティ

トップメッセージ

代表取締役会長兼社長兼CEO サステナビリティ推進委員会委員長 近藤尚孝

サステナブルな未来社会の実現に貢献する

地球的な規模で、多くの環境・社会課題のリスクが顕在化する今、企業には、持続可能な社会の実現に向けた貢献が求められています。

当社が掲げる経営理念『C(カーボン)の可能性を追求し、世界に貢献する』はサステナブル(持続可能)な社会の発展への貢献そのものを示しており、これまで、事業を通じた数々のCSR課題の解決に取り組んでまいりました。
当社はこの度、自社製品や事業活動における環境負荷低減活動等を通じて、ESGやSDGsを含む様々な社会課題の解決に向けた取組みを一層強化し、グループ全体で戦略的に推進するため、サステナビリティ推進委員会を設置いたしました。
本委員会は、営業や開発等の事業活動、生産活動等におけるCO₂をはじめとする温室効果ガスの削減への取り組み、多様性の尊重や人材育成、組織基盤に関する各分野について、3つの推進グループを設置し、各々のオーナーを3人の取締役に担当して貰う事にいたしました。

新型コロナウイルスの影響による人々の価値観や行動様式は大きく変化しており、企業活動における社会的価値の重要性がさらに高まっていくと私は考えています。
更に当社は、これ迄以上にお客様のニーズはもちろん、社員や地域の皆様の声に耳を傾け、社会の要請に応える付加価値の高いビジネスモデルに変革し、弛まぬ技術革新によるソリューションを提供し続けることが東洋炭素グループの使命と考えます。
経営者自らが強いリーダーシップを発揮し、全社員が心をひとつに、全てのステークホルダーの皆様との対話を重視するとともに、各種社会課題の解決に取り組み、サステナブル(持続的)な社会の発展に貢献して参ります。

代表取締役会長兼社長兼CEO
サステナビリティ推進委員会委員長
近藤尚孝

Back to Page Top